ダイエット情報

酵素を生かす食べ方のポイント2選

投稿日:

野菜や果物、動物性たんぱく質の食べ方の基本

ここで酵素を生かす食べ方のポイントを2つほどご紹介します。

まず、生の野菜と果物中心の食事に切り替えること。

それらはたくさんの酵素、良質のビタミンやミネラル、ファイトケミカル、食物繊維、水分などを含んでいます。

ただ、野菜の中には、加熱調理することで栄養価が上がったり(この場合の栄養とは、酵素以外のもの)、消化しやすくなるものもあります。

たとえばにんじん。

生で食べるより加熱し、さらに油と一緒に食べることで栄養は吸収されやすくなります。

また、野菜は煮ると、かんで食べただけでは壊れない細胞膜が破壊され、栄養成分の吸収がよくなるという側面もあります。

量もしっかり摂れ、食物繊維もその分、たっぷり摂取できます。

そこでおすすめしたいのが、生野菜と加熱野菜のいいとこ取りです。

1日の野菜摂取量は400~500g以上を目標に、生野菜を半分以上、残りを加熱した野菜で、と意識してみてください。

そしてもう1つ。

いくら体にいいとはいえ、毎日、生野菜や果物だけでは、限界があるでしょう。

そこで少量なら動物性たんぱく質もOKと考え、
・肉を食べる日は魚を食べず、魚を食べる日は肉を食べない
・1週間で食べる目安は、肉は100~200g、魚は200~300g、卵は3~4個

ということを心がけましょう。

なお、生の肉や魚には生きた酵素が存在します。

良質の生肉や刺身は加熱したものより、ずっと消化しやすいのです。

とはいえ、食べないですむなら、それに越したことはありません。

食べすぎでは元の木阿弥。

体内の消化酵素の使いすぎになるので、ご注意ください。

毎朝、飲みたい免疫力アップの生ジュース

おすすめの酵素食のlつが、「酵素の生ジュース」。

野菜や果物はジュースにすると、良質な栄養もバランスよく摂取できるうえ、さらに消化がよくなり、細胞が壊れて酵素が活性化するので、酵素力がアップ。

特に果物は70~90%が水分。

「朝は酵素の生ジュース」だと、お通じもぐんとよくなります。

酵素栄養学的・生理リズムでも、昼までは排池の時間帯。

排植を助ける食べ物を体に入れるのが基本です。

胃や腸に負担をかけず、消化酵素を使いにくい「酵素の生ジュース」を続ければ、確実に免疫力は上がります。

朝、一番で栄養を補給でき、その日1日のストレスやダメージから体を守ることも可能です。

さて、作り方のポイントです。

ジュースには、バナナやいちご、アボカドなどの柔らかい果物、皮をむいたグレープフルーツやキウイ、パイナップル、オレンジ、りんごなどが飲みやすく、向いています。

また、低速圧搾ジューサーは食材の栄養を壊さず、おすすめです。

ただ、オレンジやグレープフルーツならスクイーザー(しぼり器)でしぼってもいいし、リンゴならおろし器ですりおろし、ガーゼでしぼり取ってもかまいません。

なお、作ったらすぐに飲むことをお忘れなく。

時間が経つにつれて酸化が進み、酵素は半減します。

そのままで飲みにくければ、豆乳を加えたり、自然の甘み(はちみつやメープルシロップ、羅漢果など)を加えてもOKです。

ただし、牛乳やヨーグルトはNG。

動物性たんぱく質は消化に負担がかかります。

朝にご飯やパン、ソーセージや卵など、消化に負担のかかるものを食べると、排池がスムーズにできず、体内に毒素をため込み、太る体質に。

消化がよさそうに見える白いふわふわパンもトランス型脂肪酸と砂糖がたっぷり。ご注意を!

-ダイエット情報

Copyright© ベルタ酵素で短期間で痩せる【口コミからすぐ痩せる飲み方を発見!】 , 2018 All Rights Reserved.