ベルタ酵素の知識と効率よく取り入れる方法

酵素の働きと、酵素が効果的に体内で働くようにするには?

投稿日:


生きた酵素を体内に効率よく取り入れることができる「ベルタ酵素」ですが、

この「酵素」の体内での働きと、酵素を効率よく体に取り入れるのはどういった事に気をつけて行くべきなのかをここではご紹介いたします!

酵素についての正しい知識を持ち、ベルタ酵素を効率的に、かつ効率的に摂取していきましょう!

酵素は新しい第9番目の栄養素

現在、たんぱく質・糖質・脂質(脂肪分)・ビタミン・ミネラル(無機栄養素)・食物繊維・水を7大栄養素と呼んでいますが、これらと肩を並べる栄養成分が、「ファイトケミカル」(抗酸化物質として作用する、野菜や果物の色素や辛み成分)、そして「酵素」です。

それだけ酵素が人の体に欠かせないことがわかってきたのです。

実際、栄養を取り入れて体を作るのにも、毒素や老廃物を排出して病気を治すのにも、酵素が深く関わっています。

豊富なビタミンやミネラルも酵素がないと、宝の持ち腐れ

ここで最も重要なのは、「酵素は生きている」という点です。

そこが、たんぱく質や脂質などほかの栄養素とは大きく違うのです。

これを家の建築にたとえてみましょう。

ビタミンなどほかの栄養素は、木材や壁土などの「資材」にあたり、さしあたり酵素は「大工さん」でしょうか。

つまり、いくら素晴らしい資材がそろっても、「生きて」働く大工さんがいないと、家は建ちません。

この大工さんの役目を、酵素はすべての生物の体内で行っているのです。

しかも酵素は、大工は大工でも、「宮大工」。

よい資材=栄養素を瞬時に見分け、あらゆる栄養素を小分けにしたり、栄養素を各器官へ適材適所に運搬したりと、専門的で高度な技術を持った、格段に腕のいい大工さんです。

酵素は現在わかっているだけでも、体内に1万3000種類以上もあるといわれています。

種類が多いのは、1つの酵素は1つの働きしか行わないため。

アミラーゼという酵素は炭水化物を、プロテアーゼはたんぱく質を分解しますが、アミラーゼがたんぱく質や脂質を分解することはありません。

まるで1つの仕事しか行わない頑固な職人のようですが、それぞれの酵素が忠実に自分の仕事を行い、それによって整然とした生命活動を生み出しているのです。

ネズミの実験からわかった、生の食物の効果

スコットランドの研究者であるオアー氏らが、興味深い実験をしています。

彼らは、2年半にわたってネズミを多数飼いました。

A群の1211匹のネズミには人間が食べるごく普通の25種類の加熱した食物を、B群の1706匹のネズミには生野菜と生の牛乳を与えました。

A群にはそれらの人工的なえさに加え、ビタミンやミネラルを補ったえさも与えました。

ところが、A群のネズミは繁殖能力に低下が見られ、感染症にかかりやすくなり、さらに死後の解剖では、腸炎や肺炎、貧血などが多く見つかりました。

肺や腎臓、生殖器などにも病気が出現し、がんになったネズミもいました。

このような病気は、ネズミの集団ではまれにしか出ない病気です。

一方のB群は、長く健康だったのだそうです。

加熱した食事ばかりを食べていては健康な体は作れない

また、アメリカのへイザー博士は、4000匹のネズミを飼い、同じような実験をしました。

半数には自然なえさ、残り半数には人間の食事(加熱した食物)を与えたところ、前者は2年目の終わりになっても病気がなかったのですが、後者は痛風や胃潰瘍、関節炎、肺結核など、さまざまな病気にかかったといいます。

いずれの実験でも、カギとなったのは「酵素」でした。

酵素は生野菜や果物などにたっぷりと含まれていますが、熱に弱いため、加熱した料理には含まれません。

つまり、「酵素を含んでいる」生の食物がいかに病気に対して強い力を持っているかがわかります。

さらにいえば、たとえビタミンやミネラルを補っても、生の食物から摂る酵素がなくては意味をなさないということです。

ですので、生きた酵素を効率よく体に取り入れるためにも、「ベルタ酵素」で生きた酵素を摂取していきましょう!

-ベルタ酵素の知識と効率よく取り入れる方法

Copyright© ベルタ酵素で短期間で痩せる【口コミからすぐ痩せる飲み方を発見!】 , 2018 All Rights Reserved.