ダイエット情報

酵素と免疫力の関係性!~母の母乳は最強の酵素ドリンク!?~

投稿日:


ファスティングダイエットするならベルタ酵素と、多くの女性に人気なベルタ酵素ですが、

酵素は人体にとって、またダイエットする上でも無くてはならない存在です。

そんな酵素はしっかりとれていれば免疫力も上がることが分かっています。

ここでは酵素と免疫力の関係性についてご紹介していく事にしましょう・・・。

母乳は免疫力たっぷりの酵素ドリンク

最近は自然回帰ブームも手伝って、再び母乳が見直されていますが、免疫力の側面から見ても、やはり人工のミルクは母乳にかないません。

アレルギー疾患を減らし、免疫物質が気道感染や腸炎、髄膜炎などを予防するといった効果が報告されていますし、母乳で育った子は将来、メタボリック
症候群になりにくいとするデータもあります。

生まれてすぐ母親の持つ多くの細菌にさらされても、母乳にはその母親自身の持つ抗体が含まれているので、母乳を飲んでいれば免疫力がつき、病気にかからないともいわれています。

また、赤ちゃんは唾液に含まれるアミラーゼという酵素が少なく、すい臓での消化液分泌は不十分。

早くからミルクで育てると、消化や吸収のための酵素を自力で生産しなくてはならず、すい臓などの臓器に負担をかけますが、母乳にはたっぷりの酵素が含まれているので、酵素不足の心配もありません。

さらに、酵素が赤ちゃんの生死を分けたという研究もあります。

アメリカのラッシュ医大のグルーリー、サンフォード、ヘロンの3人は生まれた直後から9ヵ月までの2万61人の赤ちゃんで、母乳と殺菌した牛乳を飲ませた場合の違いを比較してみました。

病気になった赤ちゃんは、母乳だけの子が37.4%、母乳と牛乳併用の子は53.8%、牛乳だけの子は63.6%でした。

また死亡した赤ちゃんは全体で1.1%いましたが、うち6.7%が母乳だけの子、27.2%が母乳と牛乳併用の子、残りの66.1%は牛乳だけの子だったそうです。
このほかにも、ボストンやロンドンなどでも、母乳の赤ちゃんのほうが虫歯になりにくい、感染症や胃腸の病気などにかかりにくいというさまざまな研究
結果があり、いずれも酵素の力が少なからず影響することを裏付けています。

使うほどなくなる、限りある一生の酵素量

人間が潜在的に持っている「潜在酵素」。

その量は生まれつき、人によって違います。

生まれてからでは変えられません。

というのも、妊娠中の母親の食べ物に左右されるからです。

胎児のとき、母親がたくさんの酵素食を食べていれば、その人は潜在酵素がたくさんあり、その逆なら、酵素は少ないわけです。

もし今、妊娠中のお母さんがいれば、ぜひたくさん酵素を摂ってください。

けれど、いずれにせよその量には限りがあります。

使えば使うほど、どんどん減っていきます。

まるで銀行の貯金やバッテリーのよう。

あらかじめ体内に備わっている潜在酵素は使えば使うほど、少なくなっていくのです。

もちろん酵素は新たに作るとともできます。

けれど、毎日、作り出される酵素量は一定で、この量にも個人差があります。

そのため、消化に多く使ってしまうと、代謝に酵素が回せず、代謝がおろそかになります。

だからこそ「消化に多く使ってはいけない」と何度もお話ししているのです。

潜在酵素が減ったときが病気であり、潜在酵素がほとんどなくなったときが、死です。

そのため、酵素の無駄遣いを避けることが健康を獲得する第l条件なのです。

ただ、見方を変えれば、補充さえできれば大丈夫ともいえます。

食物酵素をたっぷり摂り、消化酵素に回せればいいわけです。

それがベルタ酵素をおすすめしているゆえんです。

また、潜在酵素が少ない人が、みな短命なわけではありません。

食物から酵素をしっかり摂り、無駄遣いさえしなければ、元気で長生きできるのです。

-ダイエット情報

Copyright© ベルタ酵素で短期間で痩せる【口コミからすぐ痩せる飲み方を発見!】 , 2018 All Rights Reserved.