ダイエット情報

昼に眠くなるのは酵素不足が原因!?酵素の補給はこうするべき!

投稿日:


酵素ダイエットに人気な酵素ファスティングダイエットドリンク「ベルタ酵素」ですが、

ここでは酵素の必要性と酵素不足だとどんな症状が出てしまうのか?

普段の生活の中で気をつけて行くべきポイントについてご紹介していきます

過食、「食即寝」、夜食は、酵素の大量無駄遣い

「今日は食べすぎた(あるいは飲みすぎた)なあ」
「ご飯を食べたらすぐ眠くなったから、寝ちゃおう」
「夜だけど、小腹がすいたから食べちゃえ」

こんな生活に心当たりはありませんか?
どれも消化の悪い生活習慣で、酵素栄養学的には最悪のことばかり。

消化のよし悪しは免疫力を左右する最大のポイントです。

過食すると、胃や腸の消化酵素が総動員されても追いつかず、消化酵素は不足します。

そのため、本来は代謝用だった酵素が消化に回され、代謝がおろそかに。

すると臓器機能が悪化し、いろいろな不調や病気にみまわれます。

「食即寝」、つまり食べてすぐ寝ることも、問題です。
胃の中にあるペプシンやアミラーゼという消化酵素は、睡眠中は働かないからです。

すると胃に入った食物はよく消化されないままなので、胃内腐敗の大もとに。

その結果、胃壁を傷めつける細菌であるピロリ菌などが胃で増殖し、胃潰瘍や、ひどいときには胃がんの原因にすらなってしまいます。

また、ご飯を食べてすぐ眠くなったのならそれは酵素不足が原因。体がより酵素を必要としているサインです。

そして夜食ももちろんNG!
人の生理リズムでは午後8時から午前4時までは代謝活動の時間。
代謝モードの時間帯は、消化にパワーが注げず、遅い時間に焼肉や中華料理など脂っぽいものを食べようものなら腸内腐敗は免れません。

どうかこんな食生活にはピリオドを。

「食べたあとに眠くなった」なら、酵素不足のサイン

お昼を食べたあとなどに、眠くなってしまう人はいませんか?
それは体が酵素不足になり、休息を求めているせい。

炭水化物やたんぱく質、脂質の多い食事をしていると、消化に大量の酵素が必要になります。

けれど、体内の酵素が消化に多く使われてしまうと、代謝に使える酵素が少なくなり、体の活動が弱まって、つまりは眠くなってしまうのです。
もしも食べてから眠くなってしまったのなら、それは食べすぎであり、酵素不足のサインです。

次の食事は生野菜や果物をたっぷりとどうぞ。いつも眠くなるという人は、万年食べすぎであり、酵素不足なのです。

自分の食生活をもう一度見直してみましょう。

よい食事とは本来、食べたあとに気持ちも体もしゃっきりし、エネルギーにあふれるもののはず。

自分の適量を意識しつつ、食事をしてみてください。

酵素を効率的に摂る方法

食物から上手に酵素を摂るには、次の3つの方法があります。

①低速圧搾ジューサーで生ジュースを作る(回転する速度が速すぎると、細胞が壊れてしまうのでNG。1分間に40~80回程度が理想的)

②おろす(大根やかぶ、にんじん、セロリ、きゅうり、玉ねぎ、しようが、わさび、にんにくなど)おろすことで、ざくざくと切って食べるのに比べて酵素
量が一気に増える。

③よくかむ(唾液と混ざり合い、アミラーゼという消化酵素が出る)

一番のおすすめは、手軽に大量に摂れるというととで、①ですが、低速圧搾ジューサーが手に入らない人もいるでしょう。
その場合は②や③でもかまいません。

そして素材としておすすめなのは、

・果物(バナナやパイナップル、パパイヤなど、南方系は極めて酵素が多い)
・生野菜

です。
生野菜は、サラダにしても、ざくざく切って食べてもかまいません。

とにかく、「生」「生」「生」です。
酵素が壊れるので絶対に加熱してはいけません。

このほか、
・漬け物(キムチも含む)
・ピクルス
・納豆
・生みそ
・甘酒

などの発酵食品は、優秀な酵素の補給食品です。これらの「酵素たっぷり食材」を毎日の食卓に必ず1品はのせましょう。

-ダイエット情報

Copyright© ベルタ酵素で短期間で痩せる【口コミからすぐ痩せる飲み方を発見!】 , 2018 All Rights Reserved.