ベルタ酵素の知識と効率よく取り入れる方法

便の状態が健康かどうかを知る手掛かりに!腸内環境と食物繊維

投稿日:


前回の記事で「便の状態で免疫力が分かる」と言う事についてご紹介しました。

ここではそれに引き続き、腸の健康と食物繊維についてご紹介していきますので、

是非この内容も日々のダイエットや健康ず作りに役立てながら「ベルタ酵素」でのダイエットに励んでみてください!

そうすることで「ベルタ酵素」の効果を最大限に発揮させることができると思います♪

便は健康のバロメーター

消化・吸収の大半を行う場所である、腸。

腸の状態がよければ、健康で免疫力も高いといえます。

よい便が出ていると、腸内環境がよくなり、体の老廃物もどんどん出ていきます。

ところが消化不良によって、体内に残った老廃物や有害物質がとどまる場所も、同じく腸。

便が臭かったり、便秘していたり、下痢していたり、便の量が少なかったりするのは、腸内腐敗菌が過剰なまでに増え、腸が汚れた状態にあるためです。

すると、免疫力も必然的に低下してしまうことに。

また、腸は酵素が活躍する場でもあります。

腸が汚いままだと酵素が有効に働くことができず、酵素の無駄遣いを促す結果にもなってしまいます。

そこで、前記事でチェックしたような「いい便」を出す為の食生活を心がけてください。

自分の腸内環境は自分自身でよく知っておきましょう。

便の状態としては、「l日1~3回出て、いきまずにスムーズに出る。色は黄色っぽくバナナぐらいの太さのものが1~2本。臭いはなく、水に浮く」

と言うような便が理想的です。

1週間で1㎏以上(バナナ7~10本以上)出れば問題なし。

いい使を出すには、食物繊維を十分に摂ることです。

以前、便は「単なる食物のカス」と考えられていましたが、実は便の8割以上が腸内細菌の死骸であることがわかってきました。

ちなみに、その菌の数は大便1㎏あたり、1兆個近くにもなるのだとか。

なお、おならも便と同様、腸内環境を知る大切な手がかりです。

音が出て、臭いがなければ腸は健康ですが、音がなくて臭いおならは、食物が腸内で腐敗発酵しているイヤなサインでもあります。

便だけでなく、おならの音や臭いにも敏感になってください。

免疫力を高めるには腸を元気にして、理想的な便を毎日出すことが大切なのです!

大腸がんすら予防できる、食物繊維のパワー

1977年、イギリスのトロウェル博士は食物繊維と大腸ガんの関連をはっきりと示しました。

アフリカに比べてスコットランドでは10万人あたりの大腸がん発生率が10倍以上になっています。

食物繊維の摂取量も見てみましょう。

アフリカ人の1日の食物繊維摂取量は36gで、スコットランド人は9gと、アフリカ人のほうが4倍多く摂取しています。

さらに1日の大便量です。

アフリカの田舎の人は、スコットランドを含む西ヨーロッパ人たちに比べ、同じく4倍多いのです。

いずれも1977年までのデータなので、今は多少の変化はあることでしょう。

しかしこれからわかることはただ1つ。

食物繊維を摂り、しっかり便を出すほど、大腸がんになりにくいということです。

「いい便」を出すには、食物繊維をたっぷりと

いい便を出すには、食物繊維がたっぷり入った食品を食べたいもの。

けれど、食物繊維とはそもそも、何でしょう。

これは消化されない食物中の成分のことで、大きく、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類に分けられます。

水に溶けにくい不溶性食物繊維はセルロースに代表され、穀類や野菜、豆類などに多く含まれています。

胃や腸で水分を吸収して大きくふくらみ、腸を刺激して蠕動運動を活発にし、便通を促進する働きがあります。

もう1つの水に溶ける水溶性食物繊維はペクチンに代表され、果物や昆布、わかめ、こんにゃくいも、里いも、大麦などに多く含まれます。

繊維自体が水に溶けてゲル状になり、食べた食品の移動がゆるやかになるので、小腸での栄養吸収がやわらぎ、糖質の吸収もゆるやか。

食後の血糖値の上昇を抑えます。

2種類の食物繊維をバランスよく食べ、病気を来然に防いで!

食物繊維は、いずれも腸内で発酵・分解されると善玉菌であるビフィズス菌などを増やすため、腸内環境がよくなります。

そこで不溶性、水溶性どちらもバランスよく摂取したいもの。

しかし、近年、日本人の食物繊維摂取量は減少してきています。

1947年に比べ、2005年は約半分にまで減っているというデータもあります。

特に穀類からの割合が減っており、食生活の欧米化で肉や乳製品の摂取が増え、米の摂取量が減ったことや、雑穀を食べなくなったことがその理由です。

食物繊維は、先ほどの大腸がんのみならず、最近では、心筋梗塞、糖尿病、肥満などの生活習慣病の予防にも役立つことがわかってきています。

生の野菜や果物は、酵素も食物繊維も両方摂れる優秀食材。

やはりこれらはおすすめなのです。

食物繊維を多く含む食品はこれだ!

健康になりたいのだったら、酵素とともに、食物繊維をたっぷりと摂りましょう。

今の日本人の食物繊維の摂取不足は、深刻です。

「摂りすぎ?」と思うほど食べても、実際にはまだまだか、ちょうどいいバランスと考えて間違いありません。

基本的には食物繊維は以下のようなものに豊富に含まれています。

1・海藻類
2・豆類
3・野菜(特にごぼうや大根などの根菜類)
4・キノコ
5・いも類

食物繊維を上手に摂るには?
食物繊維を上手に取るには、

1.量を多く食べる「主食」を、食物繊維中心のものにする
2.海藻を加えた、生野菜サラダを食べる。あるいは、海藻そのものを増やす
3.漬け物、キムチ、ピクルス、納豆などの発酵食品や、食物繊維の多い切り干し大根、里いも料理などをおかずとして摂る

というのがコツです。

これだけでも、意識するとぐんと違います。

腸内環境がよくなると、体のすみずみに滞っている老廃物が排出されやすくなり、その結果、免疫力も高まります。

酵素をたくさん取るなら「ベルタ酵素」がおススメですので、

普段の食事からこのような食材で食物繊維をたくさん摂り、酵素はベルタ酵素でしっかりと補給していきましょう!

-ベルタ酵素の知識と効率よく取り入れる方法

Copyright© ベルタ酵素で短期間で痩せる【口コミからすぐ痩せる飲み方を発見!】 , 2018 All Rights Reserved.