ベルタ酵素の知識と効率よく取り入れる方法

ベルタ酵素でファスティングダイエットで健康的に減量する鍵は運動?

投稿日:


減量するには、摂取エネルギーを抑え、消費エネルギーを増やして体脂肪を減らす事が基本になります。

健康的に痩せるためには、食事療法と運動療法を合わせて行うのが基本になりますので、ベルタ酵素でのファスティング時でも、運動療法を取り入れるなどしてよりベルタ酵素の効果を感じられるような工夫をしていってください♪

まず自分の必要エネルギー量を知る

いまあなたが肥満しているなら、それは、これまでに相対的な過食があったことを示しています。

つまり、必要以上にエネルギーをとりすぎていたわけです。

1日に必要なエネルギーの量は人によって違います。

体格や性別、年齢、さらに毎日の生活のなかでどのくらい体を動かしているかなどによって、消費エネルギーが変わってくるからです。

厚生省では、健康づくりのための「性別、年齢別、生活活動強度別、身長別エネルギー所要」の簡易算出式を示しています。

これを利用すれば、自分に必要なエネルギー量の目安を知ることができます。

まずはその「生活活動強度の区分」の表によって、あなたの生活活動強度がどれに当てはまるかを見ます。

次に「エネルギー所要量の簡易算出式」の中で、あなたの性別、生活活動強度、年齢に該当する式を見つけます。

その式にあなたの身長(センチメートル)を当てはめて計算すれば、あなたの1日のエネルギー所要が求められます。

体重は減ってもやつれない食事が大切

肥満治療の基本は、減食により摂取エネルギーを必要なエネルギーより少なく抑えて、体内に蓄えられた脂肪を消費することを目指します。

ただし、体脂肪は減らしても、やつれるようなことがあってはいけません。

そのため、減食療法では、低エネルギーであるとともに、体に必要なたんぱく質、ビタミン、ミネラルが不足しないこと、長期間続けられるものであることが原則になります。

これを忘れると、体重は減ったとしても、疲労感や倦怠感が現れたり、体力が低下したり、ときには貧血や月経不順などの副作用も生じかねません。

食事療法と並行して運動療法を行う

効果的に減量するには、食事療法とあわせて運動療法が欠かせません。

食事だけで体重を減らそうとすると、どうしても筋肉や内臓も減ってしまいます。

特にベルタ酵素でファスティングなどをすると、摂取カロリーが著しく減ることになるので、運動を少しでもしなければ筋力や内臓が減ってしまいます。

消費エネルギーの半分以上を占める基礎代謝は、筋肉や内臓の量によって決まります。

これらが減ると、せっかく食事を減らしても、消費エネルギーも減ってしまうことになります。

したがって、運動も行って、筋肉や内臓が減るのを抑えることもベルタ酵素でのファスティングダイエットには必要なのです。

運動によって筋肉を増やすことができれば、消費エネルギー量が増えることにもなります。

運動で指肪を減らし筋肉が増えると、体も引き締まって、疲れにくくなり、活動的な生活になりやすいものです。

これは減量の大きな推進力になります。

減食だけて体重を減らすと、筋肉などの体の組織が減ってしまいがち。

大事なのは体重を減らすことより体脂肪を減らすこと。

そのためには、正しい食事と運動がカギになる。

是非ベルタ酵素でファスティングダイエットする際には運動もしっかり取り入れてチャレンジしてみてください!

そうすることで結果的に代謝も上がりやすくなりファスティング終了後には太りにくく痩せやすい体を手に入れていることでしょう☆

-ベルタ酵素の知識と効率よく取り入れる方法

Copyright© ベルタ酵素で短期間で痩せる【口コミからすぐ痩せる飲み方を発見!】 , 2018 All Rights Reserved.