ベルタ酵素の知識と効率よく取り入れる方法

ベルタ酵素でダイエット!肥満の判定法と標準体重

投稿日:


ダイエット酵素ドリンクの中で莫大な人気を誇るベルタ酵素。

この記事をご覧になっている方の中にもベルタ酵素でダイエットして理想のボディーを手に入れたいとお考えの方がおられるのではないのでしょうか?

では、ベルタ酵素で酵素ダイエットしていく上で、ぜひとも知っておきたいことがあります。

それは体に対する基礎知識です。

ここではベルタ酵素でダイエットを成功させるために「肥満の測定法」と「基礎体重や脂肪」についてお話していこうと思います

ぜひダイエットの基礎知識を知った上でベルタ酵素での酵素ダイエットに取り組んでいってください!

標準体重をもとめよう

肥満には、脂肪細胞に脂肪がたまり過ぎて、細胞が大きくなった細胞増大肥満と、脂肪細胞の数が増えるために起こる脂肪増加型肥満の2種類があることがわかっています。

さてここでは、あなたが実際に太っているのか確認するために、まず標準体重と肥満度を求める計算式を紹介しましょう。

日本肥満学会では、体格指数(BMI)で理想体重を求めることを推奨しています。

BMIとは、体格指数(ボディマスインディックス)といい、国際的な肥満度を表す数値です。

疾病の有病率は、BM1(22)のときが一番低いと言われています。

〈標準体重・BMIの求め方〉
BMI=体重(kg)+身長(m)2

例)身長160cmの人の標準体重の求め方
標準体重=1.6 x 1.6 x 22 = 56.32

体脂肪率

脂肪は生物体に貯蔵されていて、脂肪酸とグリセリドで構成されています。

そして貯蔵されている脂肪を総称して「体脂肪」といいます。

体脂肪は、脂肪組織を構成する脂肪細胞内に中性脂肪の形で蓄積されており、全身を占める脂肪細胞の数は、成人で約250億と言われています。

脂肪細胞には、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の二種類に分類することができます。

特に太って腹部や大腿の皮下脂肪、内臓まわりにつく脂肪は白色脂肪細胞です。

白色脂肪細胞にたくわえられる脂肪の大部分はアデノシン三燐酸(ATP)の形に変えられます。

アデノシン三燐酸は、エネルギーを大量に含んでいる物質であり、運動などに必要なエネルギー源となります。

このように、白色脂肪細胞は脂肪の貯蔵庫としての役割と、必要なエネルギー供給源としての役割を果たしています。

体脂肪率測定が重要視されるのは、余分な脂肪の蓄積が以下のような病気の引き金になるからです。

①血中コレステロールを増加させ動脈硬化を誘発します。
②心臓に負担をかけ心筋梗塞や狭心症などを起こしやすくします。
③代謝を異常にさせ糖尿病の危険を招き、肝機能をも低下させます。
④胆のう炎や胆石症にかかる心配もあります。

このように、体脂肪は様々な病気を引き起こすもとになるので体脂肪率測定が欠かせないのです。

この調査結果から、体脂肪率が高いほど総コレステロール、中性脂肪、血糖、尿酸血圧などが高くなることが分かります。

体脂肪率は、体の構成成分のうち脂肪組織の占める割合であり、肥満の判定表になります。

皮脂厚計測法では、上腕伸展中間部と背部肩甲骨下端部の2点の皮脂厚を計測し、この2点の皮脂厚の加算値が男子で35kg、女子で45kgを越えると肥満とされます。

人間の体で最も多いのは水分で、次いで多いのが脂肪です。

脂肪が体重に対して占める比率、すなわち、体脂肪率は、正常な男性で15-20%、女性で20-25%とされています。

タニタの体脂肪計(インピーダンス法)で調べた成績では、年齢とともに体脂肪率が上昇するのが好ましくないと考えられ、男性では25%以上、女性で30%以上になると肥満と判定します。

スポーツなどで脂肪は増えずに筋肉量だけが増加した場合には、体重は増えても「肥満」とは言いません。

体脂肪は身体機能を維持するうえで重要な組織であり、次のような役割を持っています。

①生命活動維持作用

摂取エネルギーが不足したときに、脂肪組織を燃焼させることにより、生命や活動を維持するためのエネルギーを補給します。

②断熱作用

体温を保つための断熱作用をします。

そのため、一般的に太っている人は暑がりで、やせている人は寒がりだといえるのです。

③病原菌に対する抵抗作用

体脂肪が15%以下の人はヤセすぎで、環境や気温の変化に弱く、病原菌に対する抵抗力も衰えるため、健康障害を起こしやすいと言えるでしょう。

-ベルタ酵素の知識と効率よく取り入れる方法

Copyright© ベルタ酵素で短期間で痩せる【口コミからすぐ痩せる飲み方を発見!】 , 2018 All Rights Reserved.