ベルタ酵素の知識と効率よく取り入れる方法

ベルタ酵素でのファスティングの効果を上げる低炭水化物ダイエット

投稿日:


ベルタ酵素での置き換えの際に食べる食事もどのようなものを食べると効果が出にくく、逆にどのようなものを食べればよりベルタ酵素の効果を高める事ができるのか?

実はこのポイントはかなり重要で、せっかく置き換えて体内の正常化を図ったとしても、食べるものが体に悪いものだったりダイエットにふさわしくないものだった場合、ダイエットはおろか、健康的な体を手に入れる事すらできません。

せっかくベルタ酵素を飲むのに今までと変わらない体の状態で「やり損」になっては元も子もありません…。

では、ベルタ酵素で置き換えやファスティングをしていく中で、食べる食事はどのような事に注意して実践していくべきなのか?

ここではベルタ酵素の効果が高くなると思われる「低炭水化物ダイエット」についてご紹介していきます☆

太るホルモンを抑え込む!「低炭水化物ダイエット」の考え方

脂肪は脂肪細胞のなかでジッとしているわけではありません。

新たに合成された脂肪がつけ加えられたり一部は分離されたり、つねに変動しています。

体脂肪が増えるのは、この合成と分解のバランスが崩れた結果なのです。

肥満した人の脂肪細胞では、脂肪の合成と分解は標準的な人よりも活発に行なわれており、合成される量が分解される量を上回っているため、脂肪が蓄積されてしまうのです。

しかし、ブドウ糖は脂肪細胞に自由に入り込むことはできません。

細胞膜にブドウ糖を遮断するドアがついているからです。

そこで大切になってくるのが「インスリン」です

インスリンがこのドアを開け、脂肪細胞にブドウ糖を送り込んで、脂肪の合成を促進し、同時に、脂肪細胞内での脂肪の分解を抑制します。

インスリンこそが、肥満に決定的な役割を果たしていることがおわかりいただけたと思います。

これがインスリンが「太るホルモン」と呼ばれる理由です。

炭水化物食品の摂取を減らす

血液中へのインスリンの分泌は、ブドウ糖の増加と連動しています。

ブドウ糖が急激に増加すると、インスリンもどっと分泌され、脂肪の合成がどんどん進んでしまいます。

ところが、人間の体は摂取した炭水化物を最初にエネルギーとして使い、それがなくなると脂肪を使うようにできています。

したがって、炭水化物の摂取を減らせば、反対に脂肪はどんどん燃焼されることになります。

これを利用してダイエット効果をはかり、あわせて、インスリンに対して鈍感になってしまった筋肉細胞をよみがえらせ、脂肪を燃焼しやすい、太りにくい体質にかえていこうというのが「低炭水化物ダイエット」の考え方なのです。

専門家も認めた「低炭水化物ダイエット」の安全性と有効性

低炭水化物ダイエット」は空腹感がないから挫折しない!

「低炭水化物ダイエット」。最近は日本でも知られるようになってきましたが、肥満が深刻な社会問題になっている欧米では、すでに定評のあるダイエット法です。

これまでのダイエット法は「食べる量を減らす」ことを重要視してきましたが、そうすればやせるだろうと思っても、これを長く続けるには大きな苦痛が伴います。

そのために、多くの人たちがダイエットに挫折してきました。

そんな人たちにも「低炭水化物ダイエット」が広く受け入れられたのは、そうしたダイエットにつきものの空腹感がないからでしょう。

「低炭水化物ダイエット」では、食事量を減らす必要はありません。

食事の量ではなく、質をかえ、ダイエット効果を確実にあげる。それがこのダイエット法の特色なのです。

もっとも実績ある「アトキンス式ダイエット」

40年前にアメリカで提唱された「低炭水化物ダイエット」は、現在、ヒルトンホテルなど、一流ホテルのレストランメニューや飛行機の機内食メニューにもとり入れられるほど、幅広い人気を獲得しています。

なかでも、ロバート・アトキンス博士が開発した「アトキンス式ダイエット」は、全世界で2000万人もの人が試したダイエット法として、最も実績があります。

しかし当初は「アトキンス式ダイエット」で多くの人が減量に成功したという事実があるにもかかわらず、アメリカ医師会をはじめアメリカ心臓病学会、アメリカ糖尿病学会など、主要な団体はさまざまな意味でこのダイエット法を批判し、「低カロリーダイエットこそが正しいダイエット法だ」と主張していたのです。

そのため「低炭水化物か、低カロリーか」という論争がずいぶん長い間続きましたが、ここ数年その流れは確実に変化してきました。

安全で効果的な「低炭水化物ダイエット」

「低炭水化物ダイエットは、少なくとも炭水化物の過剰摂取による肥満者にとって、より好ましいダイエット法である」と最近では認められてきています。

また、この他にも医師が「低炭水化物ダイエツトは短期間であれば、従来考えられてきたような問題はない」という主旨の意見を発表しています。

このように、いまやアメリカでは専門家の間でも、低炭水化物ダイエットは安全で効果的なダイエット法として認知されているのです。

ですので、ベルタ酵素で置き換えダイエットをする際も、高糖質の食べ物はさけ、ヘルシーなメニューで置き換えしていくことをお勧めします。

-ベルタ酵素の知識と効率よく取り入れる方法

Copyright© ベルタ酵素で短期間で痩せる【口コミからすぐ痩せる飲み方を発見!】 , 2018 All Rights Reserved.