ベルタ酵素の知識と効率よく取り入れる方法

ファスティングするなら低炭水化物ダイエットも取り入れると良い?

投稿日:


ファスティングダイエットに人気なファスティングダイエットドリンク「ベルタ酵素」ですが、ファスティングダイエットをする際は置き換え時の食事にも気をつけて行きたいところです。

ここではそんな置き換え時に一緒に取り組むとダイエットにより効果的になる「低炭水化物ダイエット」について少しまとめてみました

「Gl値」の低い食品をとり、高い食品を避ける

注目したいのが、炭水化物食品には消化吸収の早いものと遅いものがある、という点です。

ゆっくりと吸収された炭水化物は、インスリンをあまり増大させません。

したがって、こうした食材を選んで、量を限定して食べれば、脂肪を増加させる心配もなく必要最低限の炭水化物を補うことができます。

このような炭水化物食品の吸収されるスピードについて、食品別に数値化したものを「GI値」(グリセミック・インデックス)」といいます。

GI値を見れば、同じ量の炭水化物を含んだ食品でも、結果として脂肪となりやすい食品と、脂肪になりにくい食品が1目でわかることになります。

砂糖、ジュースは禁物

砂糖は99.2%が炭水化物でできているうえに、体内に入るとすぐに吸収され、血糖値を上昇させるGI値の高い食品でもあります。

どうしても甘いものを口にしたいときは、ダイエットシュガーなどの人工甘味料を使うとよいでしょう。

くだものはGI値が低いものが多いのですが、糖質が多く含まれているので、ダイエットの第1ステップ、第2ステップでは避けたほうが無難。

ジュース類はさらに消化を早めますのでなお禁物です。

食べ方によっても抑えられるインスリン

GI値だけでなく、食べ方を工夫することでもインスリンの分泌量は抑制できます。

まず、食品のなかには炭水化物が体内で糖に分解されるスピードを遅くする性質を持つ食品があります。

それは、酢、牛乳などの乳製品、食物繊維を多く含む野菜や海藻類です。

また、大豆製品に含まれる「サポニン」という物質は、腸内の栄養吸収スピードをさげる働きがあります。

これらの食品をGI値の高い食品と組み合わせてとれば、消化吸収が緩やかになり、血糖値の急激な上昇を防いでくれます。

例えば、主食がパンのとき、牛乳や野菜サラダを一緒にとるようにします。

ご飯のときは、おかずに納豆や酢の物を添えるのもよいでしょう。

また、GI値の高い食品を食べるときに、これらの食品を先に食べておくのも効果的です。

牛乳を飲んでからご飯を食べると、GI値は約30%さがります。

栄養素の組み合わせにも気をつけよう

また、インスリンは、栄養素の組み合わせによっても分泌量が違ってきます。

例えば、豚骨ラーメンのように、炭水化物食品であるめんとたっぷり含まれる脂質を組み合わせると、めんだけ食べた場合より、多くのインスリンを分泌させます。

本来それだけではインスリンの分泌量に影響を与えない脂質は、炭水化物と組み合わるとインスリンの分泌量を増大させることになるのです。

あるいは、ラーメンライスのような高炭水化物、低タンパク質の食事ではいっそうインスリンの分泌量が増大することになります。

「炭水化物と物質の組み合わせ」と「低タンパク質と高炭水化物の組み合わせ」に気をつければインスリン値の大きな上昇が抑えられます。

調理法でも変化するGl値

このほか、調理の仕方によってもGI値は変化します。

例えば野菜を食べる場合、野菜サラダと野菜ジュースでは、くだものがそうであったように、あらかじめ水に溶けた状態で体内に入る野菜ジュースのほうが消化吸収が早く、血精値も上昇しやすいのです。

これをいいかえれば、消化が遅くなるように工夫すればいいということです。

それには、噛みごたえのある調理法が効果的です。

噛みごたえがあれば、消化が遅れるだけでなく、満腹感もより感じやすくなります。

同じパスタでもアルデンテにすれば、よりダイエットに効果的な調理法になる、ということです。

-ベルタ酵素の知識と効率よく取り入れる方法

Copyright© ベルタ酵素で短期間で痩せる【口コミからすぐ痩せる飲み方を発見!】 , 2018 All Rights Reserved.